この投稿では、ビデオを再生できない理由を示し、BitwarビデオコンバーターによってWMVをmp4に変換するための最良の方法を紹介します。
Windows 11では、Windows 11PCをモバイルホットスポットまたはWi-Fiホットスポットに変換するためにサードパーティのソフトウェアは必要ありません。組み込みのモバイルホットスポット機能を使用して、インターネット接続を他のユーザーと共有できます。 最近のすべてのバージョンのスマートフォンおよびデスクトップオペレーティングシステムでは、Wi-FiまたはBluetoothを介してインターネット接続を共有できます。たとえば、Windowsオペレーティングシステムでは、モバイルホットスポットと呼ばれます。 iOSでは、パーソナルホットスポットと呼ばれます。 AndroidはこれをWi-Fiホットスポットと呼んでいます。この投稿では、Windows11でモバイルホットスポットをオンまたはオフにする2つの簡単な方法を紹介します。 Windows11のクイック設定 ステップ1:タスクバーのバッテリー、音量、ネットワークアイコンをクリックして、クイック設定フライアウトを開きます。注:Windows +A ホットキーを使用して、クイック設定を開くこともできます。ステップ2:ここで、ボタンをクリックします。Windows11の設定アプリ 手順1:検索またはWindows + Iホットキーを使用してWindows11設定アプリを開きます。ステップ2:左側で、をクリックします。ステップ3:右側で、モバイルホットスポットの横にあるトグルボタンをクリックして、PCのモバイルホットスポットをオン/オフにします。ボタンをクリックしても機能のオン/オフが切り替えられない場合は、モバイルホットスポットをクリックして専用ページを開きます。ステップ4:ここで、モバイルホットスポットの切り替えボタンをクリックします。 Windows11モバイルホットスポットのチップ 注1:モバイルホットスポットのSSIDとホットスポットへの接続に必要なパスワードは、> > ページに移動し、をクリックして表示できます。注2:コンピューターを再起動またはシャットダウンすると、モバイルホットスポットは自動的にオフになります。インターネット接続を共有したい場合は、もう一度オンにする必要があります。注3:デバイスが接続されていない場合、Windows 11はモバイルホットスポットを自動的にオフにして、電力を節約します。このデフォルトの動作を無効にする場合は、> > ページに移動し、省電力機能をオフにします。注4:Windows 11は、モバイルホットスポットへの最大8台のデバイスの接続をサポートしています。より多くのデバイスを接続したい場合は、サードパーティのソフトウェアを使用してください。注5:Windows 11のモバイルホットスポットに接続されているデバイスの数を表示するには、フライアウト(Windows + A)を開きます。 ボタンの下に、接続されているデバイスの総数とモバイルホットスポットSSIDが表示されます。
iPhoneのカメラは、写真の撮影、ビデオの撮影、データの保存などによく使用されます。しかし、電話のスペースが足りない場合や、iPhoneのビデオをコンピューターに転送したい場合、iPhoneのビデオをコンピューターで見ることができませんか?これはあなたに大きな苦痛をもたらしました。 iPhoneのビデオがコンピュータで表示されないのはなぜですか?
私たちがPDFエディタソフトウェアについて話すとき、あなたが選ぶことができるPDFエディタソフトウェアの膨大な選択肢があります、その中であなたはあなたに最も適したソフトウェアは何であるかについて考えるでしょう?

Linda

貓噗知惠袋では、パソコンの操作方法やOFFICEの使い方、おすすめのフリーソフト、オフィスカジュアルジョークなど、オフィスの知識+をお伝えしています。

人気記事