Window10タスクバーがフリーズして反応しない時の対策

0
(0)

Window10タスクバーにあるスタートボタン、アプリ、通知などをクリックして何も反応しない場合があります。この記事では、Windows 10タスクバーがフリーズして反応しない時の対処法を紹介します。

Window10タスクバーがフリーズして反応しない時の対策

対策1.エクスプローラーを再起動する

「Ctrl + Shift + Esc」ショートカットキーを押して、「タスクマネージャー」を開きます。

2.「エクスプローラー(explorer.exe)」をクリックして、 右下の「再開」ボタンをクリックして、エクスプローラーを再起動します。

エクスプローラーを再起動

対策2.SFCスキャンを実行する

システムファイルが破損したことが原因で、Window10のタスクバーがフリーズして反応しない場合があります。SFCスキャン機能を利用して、タスクバーが反応しない問題を改善できます。

1.「Ctrl + Shift + Esc」キーを押して、Windowsタスクマネージャーを開きます。

タ2.スクマネージャーで、「ファイル」→「新規タスクの実行」をクリックします。 開いたウィンドウに「cmd」と入力し、「システム管理権限でタスクを作成する」をクリックし、「OK」をクリックします。

3.コマンドプロンプトの欄に、以下のコマンドを入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。

sfc /scannow

dism/Online/Cleanup-image/Restorehealthの3種類。

これにより、システムファイルのチェックが行われ、コンピュータ上で破損したシステムファイルが修復されます。 最後にパソコンを再起動し、タスクバーが反応するかを確認します。

対策3.アプリをアンインストール

DropboxやClassic Shellなど、タスクバーがフリーズして反応しない原因となっているアプリケーションが確認できた場合は、アプリを削除することでエラーを解消できる可能性があります。

1.「Win+R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開き、「appwiz.cpl」と入力して「OK」をクリックします。

2.インストールされているアプリケーションの一覧からアプリケーションを探し、ダブルクリックして表示される指示に従ってアンインストールを完了します。

3.最後にパソコンを再起動し、タスクバーが反応しない問題が解決できたか確認します。

対策4.アプリを無効にする

お使いのコンピューターにサードパーティーのアプリケーションをインストールしたことが原因で、タスクバーが正しく動作できない場合があります。

また、マイクロソフトのサービスでも、パソコンが正常に動作しなくなる場合があります。 そのため、これらのアプリケーションを無効にすることで、タスクバーがフリーズして反応しない状態を解消することができます。

1.「Win+R」を押して、「msconfig」と入力し、「OK」をクリックします。システム構成msconfig

2.システム設定画面が表示されますので、まず「全般」オプションから「スタートアップのオプションを選択」を選択してください。

3.次に「サービス」を開き、左下の「Microsoftサービスをすべて隠す」にチェックを入れ、「すべて無効」ボタンをクリックし、「OK」をクリックします。

システム構成msconfig2

4.「スタートアップ」タブに「タスクマネージャーを開く」をクリックします。

システム構成msconfig3

対策5.最近開いた項目を無効する

最近開いた項目は起動を遅くすることがありますが、無効にすることで起動が速くなり、タスクバーののフリーズを防ぐことができます。

1.「Win + I」キーを押して、Windowsの設定を開きます。

2.「個人用設定」→「スタート」と進みます。

3.ウィンドウの右側にある「スタートメニューまたはタスクバーオンジャンプリストとエクスプローラーのクイックアクセスに最近開いた項目を表示する」をオフにします。

最近開いた項目を無効

対策6.新しい管理者アカウントを作成する

以上の方法を実行してもタスクバーがフリーズして反応しない問題を解決できない場合、新しい管理者アカウントを作成してみてください。

1.Ctrl + Alt + Deleteを同時に押すと、Windowsタスクマネージャーが表示されます。

2.タスクマネージャーで、「ファイル」→「新規タスクの実行」をクリックします。 次に、開いたウィンドウに「Powershell」と入力し、「システム管理権限でこのタスクを作成」をクリックし、「OK」をクリックします。

3.Windows Powershellウィンドウで、以下のコマンドを入力し、それぞれのコマンドの後にEnterをクリックします。

net user username password /add

net localgroup administrators username /add

「Winess」という管理者アカウントを作成し、パスワードを「111」とします。 このアカウントは、システム管理者権限を持ち、コンピュータに素早くアクセスすることができます。

タスクバー反応しない管理者アカウント作成

まとめ

以上は、Windows 10でタスクバーがフリーズして反応しない時の対策です。この記事はお役に立てますか?もしお役に立てたら、いいねまたはシェアしていただければよいです。

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 0 / 5. 得票数: 0

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

関連記事

コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

データ復元ソフト

Bitwar Data Recoveryについて

3つのステップで500種類以上の削除/フォーマット/紛失とそのほかの原因で失ったドキュメント、写真、動画、音声などのデータを復元します。

シェア記事

Emop.jp

貓噗知惠袋

貓噗知惠袋 Windows、macOS、デスクトップ、ラップトップ、Appleスマホなどの操作テクニックとトラブル解決策、Officeソフトのテクニック、実用的なソフトやツールなど、オフィスに関する知識を共有することに専念しています。

最新記事

人気記事