Windows10でBitLockerを無効にする方法

0
(0)

BitLockerとはWindowsデータ暗号化機能の一つで、ストレージ(外部記憶装置)上の指定されたドライブを丸ごと暗号化するものです。本記事は、Windows10のBitLockerを無効にする方法を紹介します。

BitLockerの仕組み

利用者が指定したドライブ(ボリューム)全体を暗号化し、記録されたデータやプログラムを不正な読み出しや改ざん、削除から保護します。暗号化はファイルシステムより低水準(ハードウェア寄り)のレベルで行われるため、攻撃者がストレージを盗み取ったり外部から不正に接続しても、内部にどのようなディレクトリやファイルが存在するのかすら知ることはできません。

コンピュータがTPMと呼ばれるセキュリティ用ICチップを内蔵している場合には、これを用いて暗号鍵の管理を行うことができ、通常の使用と変わらない手順や操作感でWindowsを利用することができます(透過動作モード)。TPMがない場合は、起動時にパスワードで正規の利用者であることを確認するユーザー認証モードや、暗号鍵を安全に記録した小さなUSB装置を本体のUSB端子に接続するUSBキーモードを利用できます。

BitLockerロックを解除する方法

ハードディスクやパーティションの暗号化を解除する場合は、管理者としてBitLockerを無効にする必要があります。

方法1.コントロールパネルでBitLockerを無効にする

ステップ1.Windows検索ボックスに「コントロールパネル」を検索します。そしてコントロールパネルをを開きます。

ステップ2.システムとセキュリティをクリックして、BitLockerドライブ暗号化を選択します。「BitLockerを無効にする」をクリックします。

bitlocker5無効

方法2.コマンドプロンプトでBitLockerを無効にする

まず、管理者アカウントでログインしていることを確認してください。

ステップ1.管理者としてコマンドプロンプトを実行します。

ステップ2.システムのBitLocker暗号化の状態を確認する場合は、コマンドmanage -bde -statusを実行します。暗号化を解除したいドライブの結果が以下のように表示されるのを確認します。

ステップ3.結果をPercentage Encrypted : 100.0%と表示される場合は、コマンドmanage-bde -off ⅹ(ⅹはドライブ文字)でBitLockerのロックを解除します。

方法3.Windows10のPower ShellでBitLockerの暗号化を解除する

まず、Windows10のPower Shellがインストールされていることを確認します。また、Power Shellがシステム要件を満たしていることを確認します。

注意:システムが存在するパーティションに回復キーが含まれている場合、bitlockerの暗号化を無効にするコマンドレットは機能しません。 PowershellウィンドウのClear-BitLocker AutoUnlockコマンドレットを使用すると、すべての回復キーを削除してBitLockerを無効にすることができます。

ステップ1.Windows検索ボックスで「PowerShell」を検索して、それを管理者として実行します。

ステップ2.「Disable-BitLocker -MountPoint “X:”」を入力してエンターキーを押します。(ここでXをBitLocker暗号化を解除したいドライブの文字に置き換える必要があります。)

コマンドPS C:\>Get-BitlocerVolume -MountPoint “C:”を実行して、ロック解除の進度を確認できます。FullyDecrypted”と 100%と表示することは暗号化解除できたと意味します。

そして、コントロールパネルを開いてシステムとセキュリティをクリックして、BitLockerの有効または無効状態を確認することができます。

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 0 / 5. 得票数: 0

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

関連記事

コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

シェア記事

Emop.jp

貓噗知惠袋

貓噗知惠袋 Windows、macOS、デスクトップ、ラップトップ、Appleスマホなどの操作テクニックとトラブル解決策、Officeソフトのテクニック、実用的なソフトやツールなど、オフィスに関する知識を共有することに専念しています。

最新記事

人気記事