ファイルは大きすぎてUSBメモリに移動できない時の解消法

0
(0)

大容量のファイルをUSBメモリにコピーしようとした時、「ファイルは大きすぎて、対象のファイルシステムに入りません」というメッセージが表示されました。このエラーが発生する原因は何でしょうか。どうすればファイルが大きすぎてUSBメモリに移動できないというエラーを修復できるのでしょうか。

「ファイルは大きすぎて、対象のファイルシステムに入りません」の原因

USBがコピー出来ないのはファイルシステムに原因があります。USBメモリはFAT32形式になっていることが多いです。FAT32は1ファイルあたりの容量制限が4GBまでとなります。「NTFS」というファイルシステムにフォーマットすれば容量制限なしでコピーできます。まず、ご自分のUSBメモリのファイルシステムはFAT32であるかどうかを確認してください。

USBメモリのファイルシステムをFAT32からNTFSに変換する方法

方法1.USBメモリのファイルシステムをNTFSにフォーマットする

ステップ1.USBメモリをパソコンに接続します。

ステップ2.エクスプローラを開き、「デバイスとドライブ」にUSBデバイスを右クリックして「フォーマット」をクリックします。

ステップ3.ファイルシステムに「NTFS」を選択します。

ステップ4.「フォーマットオプション」に「クイックフォーマット」にチェックを入れます。「開始」をクリックします。

USB NTFSフォーマット

方法2.CONVERTコマンドでUSBメモリのファイルシステムをNTFSにフォーマットする

ステップ1.検索ボックスに「コマンドプロンプト」と入力します。管理者としてコマンドプロンプトを実行します。

ステップ2.コマンド「convert *: /fs:ntfs」を入力します。「Enter」キーを押します。

注意

フォーマットする前にデータをバックアップしてください。フォーマットしたら、USBメモリ内のすべてのデータが失われます。もし、データが失ったら、Bitwar Data Recovery利用してデータを復旧してください。復元が早ければ早いほど、成功率は高くなります。

 

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 0 / 5. 得票数: 0

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください