MacとWindows両方でUSBを使えるようにする方法

0
(0)

買ってきたUSBメモリはWindowsでは使えるが、Macでは使えないということに遭ったことありますか。この原因はMacとWindowsがサポートするファイルシステムが異なることです。

USBメモリはFAT32形式になっていることが多いです。FAT32はMacとWindows両方に使えます。しかし、FAT32は1ファイルあたりの容量制限が4GBまでとなります。exFATならファイルのサイズに制限がありません。そしてMacとWindows両方使えます。USBメモリのファイルシステムをexFATにフォーマットすれば、MacでもWindowsでも読み書きできます。

本記事は、MacとWindows両方でUSBメモリを使えるようににする方法を教えます。

方法1.WindowsでUSBメモリのファイルシステムをexFATにフォーマットする

ステップ1.USBメモリをパソコンに接続します。

ステップ2.エクスプローラを開き、「ディスクとドライブ」にUSBデバイスを右クリックして「フォーマット」をクリックします。

ステップ3.ファイルシステムに「exFAT」を選択します。

ステップ4.「フォーマットオプション」に「クイックフォーマット」にチェックを入れます。「開始」をクリックします。

USB NTFSフォーマット

方法2.MacでUSBファイルシステムをexFATにフォーマットする

ステップ1.USBメモリをパソコンに接続します。

ステップ2.「アプリケーション」>「ユーティリティ」からディスクユーティリティを起動します。

mac usbフォーマット

ステップ3.左側の先ほど挿入したUSBメモリをクリックして、USBメモリに関連する情報が表示されます。上部の「消去」をクリックして、ポップアップウィンドウの「フォーマット」にexFATを選択します。方式に「マスター ブート レコード」を選択します。最後「消去」をクリックします。

mac usbフォーマット2

フォーマットするUSBメモリを選択する時、正しいUSBメモリを選択してください。

注意:フォーマットする前にデータをバックアップしてください。フォーマットしたら、USBメモリ内のすべてのデータが失われます。もし、データが失ったら、Bitwar Data Recovery利用してデータを復旧してください。復元が早ければ早いほど、成功率は高くなります。

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 0 / 5. 得票数: 0

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください