Windows/MacでWordファイルに編集の制限を設定する方法

0
(0)

本記事では、WindowsおよびMacでWord(ワード)文書ファイルが他人に勝手に編集されないように、Word文書ファイルに編集の制限を設定し、文書を保護する方法を紹介します。

Windows Word文書ファイルの編集制限を設定する方法

方法1.Word編集の制限を設定する

ステップ1.ワード文書を開き、「校閲」タブをクリックします。

ステップ2.「編集の制限」をクリックして、「2.編集の制限」にチェックを入れて、「変更不可(読み取り専用)」を選択します。

ステップ3.「保護の開始」に「はい、保護を開始します」をクリックします。

ステップ4.パスワードを設定します。

word-編集制限

方法2.WordファイルをPDFに変換する

ワード文書ファイルをPDFに変換すると、編集不可になります。変換ツールを利用してワードファイルをPDFファイルに変換できます。ここでは、Bitwar PDF ConvertというPDF変換ツールをお勧めします。オンラインとインストール必要二つの選択があります。そして、PDFファイルを暗号化する機能もあります。シンプルで操作簡単です。無料試用できます。

方法3.Wordファイルを最終版にする

ステップ1.「ファイル」タブをクリックして、左ペインで「情報」をクリックします。

ステップ2.「文書の保護」に「最終版にする」を選択します。

word-編集制限最終版

方法4.Wordファイルを読み取り専用に設定する

方法3の操作手順に従い、「常に読み取り専用で開く」を選択します。

方法5.Wordファイルを暗号化する

方法3の操作手順に従い、「パスワードを使用して暗号化」を選択します。次に、パスワードを設定します。

Mac Wordファイルの編集制限を設定する方法

方法1.ワード文書ファイルを読み取り専用にする

ステップ1.ワード文書ファイルを開き、「ファイル」タブをクリックします。

ステップ2.「情報」>「文書の保護」>「常に読み取り専用で開く」を選択します。

方法2.Macでワードファイルを暗号化する

ステップ1.「校閲」タブをクリックして、「保護」をクリックします。

ステップ2.パスワードを設定します。次回、このファイルを開くと、パスワードが求められるようになります。

まとめ

以上は、WindowsおよびMacで、ワード文書ファイルに編集の制限を設定し、ファイルを保護する方法です。この記事がお役に立てれば幸いです。

 

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 0 / 5. 得票数: 0

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください