Windows PC上のWHEA修正不可能エラーを修正する

0
(0)

WHEA エラーは、WHEA 修正不能エラーまたは Windows ハードウェア エラー アーキテクチャとも呼ばれ、Windows オペレーティング システムのハードウェア エラーです。コンピュータでブルー スクリーンが発生し、このメッセージが表示された場合は、コンピュータのオペレーティング システムにハードウェア障害があることを意味します。エラーは、ハードウェアのエラー検出メカニズムによって検出されます。WHEA で修正できないエラーがコンピューターで発生した場合、コンピューターは通常、いくつかの診断データをコンパイルしてリセットし、データ損失を防ぐためにシャットダウンします。

WHEAエラー

WHEA が修正できないエラーは、ハードウェア障害であるか、ドライバーの競合やその他の理由によって発生する可能性があります。根本的な問題が解決しない場合、コンピュータは再びクラッシュし、同じ WHEA 修正不能エラー メッセージが表示されます。そこで、今日のガイドでは、Windows PCでWHEA修正不能エラーを修正する方法を説明します。

WHEA で修正できないエラーが発生するのはなぜですか?

このエラーの原因となる可能性のある要因はいくつかありますが、その理由は次のように要約できます。

  • BCDエラー
  • MBRまたはシステムファイルの破損
  • ハードウェアドライバーの競合
  • ハードドライブまたはプロセッサの障害
  • CPUのオーバークロック

WHEA は「修正不可能なエラー」と呼ばれていますが、問題は完全に修正できないわけではありません。編集者は何度か試行錯誤を繰り返した結果、以下のような効果的な修復方法をまとめました。ここでは、WHEA の修正不可能なエラーを自分で修正し、コンピューターを再び実行できるようにする方法を説明します。

ドライブデータをバックアップする

ここで WHEA の修正不可能なエラーを修正する前に、まずデータをバックアップする必要があります。WHEA で修正できないエラーが発生した場合、すぐにコンピューターをシャットダウンしてもデータが失われる可能性があるためです。したがって、最初に Bitwar ファイルレスキューソフトウェアを使用してデータをバックアップする必要があります。

Bitwar Data Recovery データ回復公式 Web サイト:

https://www.bitwarsoft.com/ja/data-recovery-software 

次の手順をよく読んで、Bitwar ソフトウェアを使用してデータをスキャンしてバックアップしてください。

  1. インストールされた Bitwar ファイル レスキュー ソフトウェアを起動し、要件に従ってファイルをバックアップするドライブを選択します。
    Bitwarデータ復元‐ウィザードモード
  2. スキャンモードを選択します。通常は「クイックスキャン」を選択します。スキャンされたデータが予想よりも少ないことが判明した場合は、「ディープ スキャン」を選択してさらに多くのデータをスキャンすることもできます。次に「次へ」をクリックします。Bitwarデータ復元‐スキャンモード
  3. 対象のファイルの種類を選択し、「スキャン」をクリックします。Bitwarデータ復元‐データ種類選択
  4. この時点で、サムネイルをクリックすると、Bitwar ソフトウェアによって検出されたすべてのファイルをプレビューできます。確認したら、それらを選択して「復元」をクリックし、アーカイブを保存します。Bitwarデータ復元ソフト‐プレビュー.
上記の方法に従って、バックアップが必要なデータを必要なバックアップ場所に簡単に保存できます。

WHEA の修正不可能なエラーを修正する

システムハードウェアとWindowsアップデートを確認してください

前述したように、WHEA で修正できないエラーはオペレーティング システムのハードウェア エラーであるため、システムのリセットとメモリのテストに進む前に、冷却システムが正常かどうか、RAM がしっかりと取り付けられているかどうかなど、コンピュータのハードウェアをチェックできます。 CPUなどが緩んでいませんか?さらに、保留中の可能性のあるハードウェア アップデートを表示し、インストールすることもできます。

CHKDSKコマンドを実行します。

CHKDSK プログラムはディスク ドライブの問題を検出し、Windows の WHEA エラーを修正できます。次の手順に従ってください。

  1. コンピューターが完全にシャットダウンするまで、電源ボタンを押し続けます。
  2. もう一度電源ボタンを押すと電源が入ります。これはハード リセットであり、これを 2 ~ 3 回繰り返す必要があります。
  3. Windows ロゴ画面、お待ちください、またはコンピュータを診断していますというメッセージが表示される場合があります。
  4. ロード後、[自動修復] ウィンドウが表示された場合は、[トラブルシューティング] > [詳細オプション] > [コマンド プロンプト] をクリックします。トラブルシューティング-詳細オプション-コマンドプロンプト
  5. 次に、次のコマンドをそれぞれ入力して Enter キーを押します:
    chkdsk /rc:
    chkdsk /rd:コマンドプロンプト chkdsk r
  6. コマンド内の「chkdsk /r」に続く文字は、コンピュータ上のディスク ドライブ パーティションに一致するコードネームであることに注意してください。次回システムを再起動するときに CHKDSK を実行するかどうかを尋ねられます。「Y」を入力するだけです。
  7. 最後に、コンピュータを再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。

bootrec.exeコマンドを実行します。

さらに、bootrec コマンドを使用して、WHEA で修正できないエラーを修正することもできます。具体的な手順は次のとおりです。

また、上記の方法に従ってコマンド プロンプト ウィンドウに入り、次のコマンドを記述し、各行の後で Enter キーを押して実行します。

bootrec /fixmbr

bootrec /fixboot

bootrec /rebuildbcdコマンドプロンプト-bootrec コマンドを 1 つずつ入力して Windows システムをスキャンし、BCD ファイルを再構築します。修復後、「Exit」と入力し、Enter キーを押して終了します。最後に、コンピュータを再起動して、問題が解決したかどうかを確認します。

ハードウェアドライバーを更新する

ドライバーが更新されていないと、WHEA 修正不能エラーなどのエラーが発生する可能性があります。したがって、ドライバーを定期的に更新すると、これらの不具合の発生を防ぐことができます。
  1. 画面の左下隅にある [スタート] メニュー タブをクリックし、[デバイス アドミニストレータ] を見つけます。
  2. [デバイス マネージャー] をクリックし、ディスプレイ カードを見つけて展開します。
  3. 黄色の感嘆符が付いたハードウェアを表示して選択し、それを右クリックして [ドライバーの更新] をクリックします。  USBメモリドライバーの更新
  4. [ドライバーを自動的に検索] をクリックします。「ドライバーを自動的に検索」-[コンピューターを参照してドライバーを検索]
  5. アップデートが完了するまで待ち、オペレーティング システムを再起動します。

結論は

上記の 4 つの方法は、WHEA で修正できないエラーに対して提供されています。後で使用できるように忘れずに保存し、必要な友人と共有してください。

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 0 / 5. 得票数: 0

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

関連記事

コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

データ復元ソフト

Bitwar Data Recoveryについて

3つのステップで500種類以上の削除/フォーマット/紛失とそのほかの原因で失ったドキュメント、写真、動画、音声などのデータを復元します。

シェア記事

Emop.jp

貓噗知惠袋

貓噗知惠袋 Windows、macOS、デスクトップ、ラップトップ、Appleスマホなどの操作テクニックとトラブル解決策、Officeソフトのテクニック、実用的なソフトやツールなど、オフィスに関する知識を共有することに専念しています。

最新記事

人気記事