Macで低電力モードをオン(有効)にする方法

5
(2)

macOSの低電力モードを有効にして電力使用量を減らしてバッテリ駆動時間を延ばし、より静かに動作させます。

低電力モードとは

Macの電力が不足しそうなとき、そしてすぐ充電できない場合、MacBookの低電力モードを有効にして、バッテリの電力消費を抑えて、バッテリーを長持ちさせます。低電力モードをオンにすると、MacBook画面の明るさとCPUの速度が下がります。

低電力モードはMacBook Pro(Early 2016以降)などで利用できるようになります。この機能は、バッテリーを搭載していないデスクトップMacであるMac mini、iMacでは動作しません。

Macで低電力モードをオンにする方法

方法1.バッテリの設定から低電力モードを有効にする

ステップ1.Macメニューの左上隅にあるAppleアイコンをクリックし、[システム環境設定]をクリックします。
ステップ2.[システム環境設定]で、[バッテリー]をクリックします。

1

ステップ3.[バッテリー設定]で、左側のサイドバーで[バッテリー]を選択し、右側のメニューバーに[低電力モード]をオンにします。

mac低電力モード

方法2.電源アダプタから低電力モードを有効にする

方法1の手順に従い、[電源アダプタ]をクリックして低電力モードを有効にすることもできます。

まとめ

すぐ充電できない場合、macOSの低電力モードを有効にして電力使用量を減らしてバッテリ駆動時間を延ばし、より静かに動作させましょう。

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 5 / 5. 得票数: 2

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

関連記事

コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

シェア記事

Emop.jp

貓噗知惠袋

貓噗知惠袋 Windows、macOS、デスクトップ、ラップトップ、Appleスマホなどの操作テクニックとトラブル解決策、Officeソフトのテクニック、実用的なソフトやツールなど、オフィスに関する知識を共有することに専念しています。

最新記事

人気記事