解決済み「指定されたファイルに対してこの操作を行うプログラムが関連づけられていません」

5
(1)

Windows 10パソコンでファイルを開こうとする時に、「指定されたファイルに対してこの操作を行うプログラムが関連づけられていません」というエラーメッセージが表示されることがあります。

この問題はよくエクスプローラー、エクセル、Adobe Reader、OneDriveなどのアプリケーションに発生します。

では、このような問題が発生した場合はどうすればよいでしょうか。まず、「指定されたファイルに対してこの操作を行うプログラムが関連づけられていません」というエラーメッセージが表示された場合は、ファイルに対応するアプリが関連付けられていないか、アプリがインストールされていないことが原因として考えられます。

ファイルを有効にする方法には、プログラムが関連付けられています

解決策1:新しいWindowsユーザーアカウントを作成する

ユーザーによると、新しいWindowsユーザーアカウントを作成すると、問題の解決に役立ちました。すべきことは次のとおりです。

ステップ1:[スタート]>[設定]>[アカウント]に移動します。

ステップ2:[ホームと他のユーザー]タブで、[このPCに他のユーザーを追加]をクリックします。

手順3:[このユーザーのログイン情報がありません]を選択します。

手順4:[Microsoftアカウントなしでユーザーを追加]をクリックします。

ステップ5:ユーザー名とパスワードを入力します。

解決策2:ユーザーアカウントをAdministratorsグループに追加する

権限不足で「指定されたファイルに対してこの操作を行うプログラムが関連づけられていません」エラーが発生する場合があります。ユーザーアカウントを管理者グループに追加してみましょう。

ステップ1.「Win + R」ショートカットキーを押して「ファイル名を指定して実行」に「lusrmgr.MSC」と入力して、「OK」をクリックします。

ステップ2.左側メニューの「グループ」をクリックしてから、右側から「Administrators」をダブルクリックします。

ステップ3.「追加」をクリックします。サインインしているユーザー名を入力して「名前の確認」をクリックします。

ステップ4.「コンピュータ名\ユーザー名」の形式に変更されたら、「OK」をクリックします。

ステップ5.「適用」→「OK」の順にクリックして設定を保存します。

解決策3:SFCおよびDISMコマンドを実行する

システムファイルが破損している場合、「このファイルには、この操作を実行するように関連付けられたアプリがありません」というエラー発生する可能性があります。この問題を解決するには、次の解決策を試して修正してください。

ステップ1.Windowsマークを右クリックして「Windows Power Shell(管理者)」を選択します。

ステップ2.コマンド「SFC / scannow」と入力してからEnterキーを押します。

ステップ3.スキャンが開始されます。完了するまでスキャンを中断しないでください。

エラーが解消されていない場合は、次のようにします。

ステップ4.コマンド「DISM / Online / Cleanup-Image / restore health」と入力して、Enterキーを押します。

ステップ5.作業が完了したらWindows Power Shellを終了します。パソコンを再起動してファイルの関連付け問題が解決したかを確認します。

解決策4:自動再生を無効にする

外付けデバイス内のファイルを開こうとする時、「指定されたファイルに対してこの操作を行うプログラムが関連づけられていません」のエラーが発生することもあります。

ステップ1.Windowsスタート>「設定」>「デバイス」に移動します。

ステップ2.「自動再生」をクリックして、「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」をオフにします。

自動再生

解決策5:レジストリを修復する

ステップ1.「Win + R」ショートカットキーを押して「ファイル名を指定して実行」に「Regedit」と入力して、「OK」をクリックします。

ステップ2.「HKEY_CLASSES_ROOT」>「Lnkfile」を展開します。

ステップ3.右側に「IsShortcut」という値があるかどうかを確認します。見つからない場合は、空のスペースを右クリックして再作成し、「新規」> 「文字列値」を選択して、ショートカットという名前を付けます。

また、以下のガイドに従って別の値を確認する必要があります。

ステップ1:次のパスに移動します:

HKEY_CLASSES_ROOT \ CLSID \ {20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D} \ shell \ Manage \ command

ステップ2:右側のパネルをダブルクリックします(デフォルト)。

手順3:値データが%SystemRoot%\ system32\CompMgmtLauncher.exeに設定されていることを確認します。

解決策6:レジストリから特定のキーを削除する

フォルダを開いたときに「このファイルにはプログラムが関連付けられていません」というエラーが表示された場合は、レジストリから特定のキーを削除することで修正できます。

手順1:レジストリエディタで、HKEY_CLASSES_ROOT \ Directory\shellに移動します。

手順2:シェルフォルダーを展開し、findフォルダーとcmdフォルダーを削除します。

解決策7:ファイルの関連付けをリセットする

既定では、Windows 10は既定のアプリでファイルを開くように設定されていますが、これらの設定を変更できる場合があり、この記事で説明するエラーメッセージが表示されます。ここで、ファイルの関連付けをリセットして問題を解決できます。

手順1:[設定]>[アプリ]>[デフォルトのアプリ]に移動します。

手順2:Microsoftが推奨するデフォルトにリセットします。

結論

次回Windows10で「このファイルには、このアクションを実行するためのプログラムが関連付けられていません」という問題が発生した場合でも、慌てる必要はありません。上記の解決策を使用すれば、この問題を簡単に解決できます。彼らが本当にあなたを助けてくれることを願っています。

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 5 / 5. 得票数: 1

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

関連記事

コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

シェア記事

Emop.jp

貓噗知惠袋

貓噗知惠袋 Windows、macOS、デスクトップ、ラップトップ、Appleスマホなどの操作テクニックとトラブル解決策、Officeソフトのテクニック、実用的なソフトやツールなど、オフィスに関する知識を共有することに専念しています。

最新記事

人気記事