修正:Windowsキーボードショートカットが機能しない

5
(1)

コンピュータオフィスで最も一般的に使用される機能の1つであるキーボードショートカットが機能しないと、ユーザーに大きな問題を引き起こす可能性があります。この記事では、Windowsのキーボードショートカットが機能しない問題を修正するための2つの一般的な方法を紹介します。

概要キーボードショートカット

一般に、ユーザーがコンピューターを操作するときは、キーボードを使用して入力し、マウスはカーソルを動かしてクリックするアクターとして機能します。ただし、入力するために両手がキーボードに寄りかかっている場合、マウスを使用してクリック機能を実行するときは、片方の手を離す必要があります。したがって、Mouse+キーボードの流暢さは最高ではありません。いくつかのキーボードショートカットを使用すると、多くの時間を節約し、効率を向上させることができます。

Ctrl + Aは、ドキュメントのすべてのコンテンツを選択するための最速の方法です。 Ctrl+CとCtrl+Vは、コピーと貼り付けに最も一般的に使用されるショートカットキーです。 Win + Rを使用すると、実行ボックスを見つけて開くためにマウスを動かす必要がありません。

したがって、キーボードショートカットが機能しないという問題がどれほど深刻であるかを想像することができます。ただし、この問題が発生しても心配しないでください。次に、Windowsのキーボードショートカットが機能しない問題を修正する2つの方法を紹介します。

Windowsキーボードショートカットが機能しない問題を修正する方法

方法1:レジストリエディタ

ステップ 1. [スタート]メニューをクリックし、[Windows管理ツール]を展開して、[レジストリエディター]をタップします。

Windows管理ツール

ステップ 2. レジストリエディタウィンドウで、HKEY_CURRENT_USER \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Policies\Explorerの場所に移動します。右側のウィンドウにNoWinKeyオプションがある場合は、それをダブルクリックします。

ステップ 3. 次に、値データを0に変更し、[OK]を押します。

ステップ 4. 最後に、コンピューターを再起動して、キーボードショートカットが機能しているかどうかを確認します。

方法2:ローカルグループポリシーエディター

ステップ 1. 検索ボックスにgpedit.mscと入力して、ローカルグループポリシーエディターを開きます。

gpedit.mscと入力し

ステップ 2. [ローカルグループポリシーエディター]ウィンドウで、[ユーザーの構成]>[管理用テンプレート]>[Windowsコンポーネント]>[ファイルエクスプローラー]を展開します。次に、ウィンドウの右側にある[Windowsキーをオフにする]ホットキーを見つけてダブルクリックします。

ステップ 3. ポップアップウィンドウで、[未構成]または[無効]をオンにし、[適用]と[OK]をクリックします。

ステップ 4. 最後に、コンピュータを再起動して、ショートカットキーが機能しない問題を解決します。

結論

上記の方法は、Windowsのキーボードショートカットが機能しない問題を修正するための効果的な方法です。この問題に苦しんでいる場合。

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 5 / 5. 得票数: 1

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください