Windowsショートカットキーが使えない時の対処法

5
(1)

パソコンのキーボードのショートカットキーの使用を身に着けると、多くの時間を節約し、仕事の効率を大幅に向上させることができます。

「Ctrl + A」はすべてを選択、「 Ctrl+C」はコピー、「Ctrl+V」は貼り付け、これらのショートカットキーはほぼ毎日使っています。しかし、時々、ショートカットキーが突然使えなくなってしまうことがあります。この記事では、パソコンのショートカットキーが急に使えなくなった場合の対処法を紹介します。

対処法1.キーボードをチェックする

キーボードのキーは壊れているかどうかを確認します。キーボードを変換して使ってみましょう。

対処法2.固定キーを無効にする

固定キーは、複数のキーを同時に押すことが困難な人のための機能です。固定キーを有効にすると、「Ctrl+Alt+Del」ショートカットを使う場合、三つのボタンをすべて同時に押す必要がなくなります。順次に押してショートカットをアクティブにすることができます。

固定キーの設定を確認する方法:

ステップ1.スタートから「設定」を開きます。

ステップ2.「簡単操作」を開きます。

ステップ3.左側メニューに「キーボード」をクリックします。

ステップ4.「固定キー機能を使用する」をオフにします。下の「固定キー機能を起動するショートカットキーを許可する」のチェックを外します。

キーボード固定キー設定

対処法3.ゲームモードを無効にする

ゲームをしている時に、誤操作を防ぐためにすべてのキーボードショートカットを無効にするスイッチがあります。

ゲームモード機能を無効にする方法はキーボードの機種によって異なります。キーボードの取り扱い説明書で設定方法を確認してください。

対処法4.キーボードのドライバーを再インストールする

ステップ1.Windowsのスタートボタンを右クリックして「デバイスマネージャー」をクリックします。

ステップ2.「キーボード」を展開して、キーボートデバイスを右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックします。

デバイスマネージャー キーボード

ステップ3.パソコンを再起動して、キーボードを再インストールします。

対処法5.レジストリエディターを修正する

キーボード関連のレジストリキーの値に問題があることで、ショートカットキーが使えなくなった可能性もあります。

ステップ 1. 「スタート」メニューをクリックし、「Windows管理ツール」を展開して、「レジストリエディター」をタップします。

Windows管理ツール

ステップ 2. レジストリエディターウィンドウで、「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout」の順で展開します。右ペインの値に「Scancode Map」がある場合は、右クリックして「削除」を選択します。

ステップ3.「HKEY_CURRENT_USER \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Policies\Explorer」の手順で展開します。右側のウィンドウにNoWinKeyオプションがある場合は、それをダブルクリックします。

ステップ 4. 次に、値データを0に変更し、[OK]をクリックします。。

ステップ 5. 最後に、コンピューターを再起動して、キーボードショートカットが機能しているかどうかを確認します。

結論

上記の方法で、Windowsのキーボードのショートカットキーが使えるようになると思います。必要なショートカットキーを覚えて作業の効率を向上しましょう。

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 5 / 5. 得票数: 1

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

関連記事

コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

シェア記事

Emop.jp

貓噗知惠袋

貓噗知惠袋 Windows、macOS、デスクトップ、ラップトップ、Appleスマホなどの操作テクニックとトラブル解決策、Officeソフトのテクニック、実用的なソフトやツールなど、オフィスに関する知識を共有することに専念しています。

最新記事

人気記事