Windows10スタートメニューのアプリリストを非表示にする方法

5
(2)

既定では、Windows 10のスタートメニューでは、左側にアプリのリストが表示され、右側に固定タイルが表示されます。アプリリストには、最近インストールされたアプリを含む、Windows10PCにインストールされたすべてのアプリが表示されます。そこからPCにインストールされているアプリやプログラムにアクセスできます。スタートメニューの右側には、スタートメニューに固定されているアプリとフォルダーが表示されます。

ただし、多くのユーザーは、検索機能を使用してアプリを起動するため、アプリリストはあまり役に立たないと感じています。スタート/タスクバー検索を使用してアプリを実行する場合は、アプリリストを非表示にして、スタートメニューにタイルのみを表示できます。

スタートメニューのアプリリストを非表示にする方法

ステップ1.スタートキーをクリックして「設定」を開きます。

ステップ2.「個人用設定」をクリックして、左メニューに「スタート」をクリックします。

設定アプリを開き

ステップ3.「スタートメニューにアプリの一覧を表示する」をオフにします。

スタート

アプリリストがオフになっているときにアプリにアクセスする

すべてのアプリを非表示に設定している場合、スタートメニュー左上のアイコン(すべてのアプリ)をクリックすると一時的にすべてのアプリ一覧が表示されます。

 

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 5 / 5. 得票数: 2

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

関連記事

コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

シェア記事

Emop.jp

貓噗知惠袋

貓噗知惠袋 Windows、macOS、デスクトップ、ラップトップ、Appleスマホなどの操作テクニックとトラブル解決策、Officeソフトのテクニック、実用的なソフトやツールなど、オフィスに関する知識を共有することに専念しています。

最新記事

人気記事