Windows10でWindows Defenderを完全無効化する方法

0
(0)

Windows DefenderとはWindowsOSに備えられているセキュリティ機能です。Windows10/11に 標準搭載されています。Windows Defenderは常にパソコンへの脅威をスキャンしているため、パソコンの動作が重くなる原因になります。Windows Defenderを完全に無効にすることで、パソコンの動作が軽くなります。本記事はWindows Defenderを完全に無効化する方法を紹介いたします。

方法1.スクリプトファイルでWindows Defenderを無効にする

ステップ1.Windows Defenderをアンインストールするスクリプトファイル「WindowsDefenderRemoveScript.zip」をダウンロードします。

ステップ2.解凍した後、「Uninstall.cmd」というファイルを右クリックし、管理者として実行します。このスクリプトファイルは、「install_wim_tweak.exe」を利用してAPIを実行することで、Windows Defenderをアンインストールします。このファイルを実行するには管理者権限が必要です。

スクリプトファイルの内容:

@echo off
cd /d “%~dp0″
echo Uninstalling …
CLS
install_wim_tweak.exe /o /l
install_wim_tweak.exe /o /c “Windows-Defender” /r
install_wim_tweak.exe /h /o /l
echo It should be uninstalled. Please reboot Windows 10.
pause

ステップ3.パソコンを再起動します。

方法2.ローカルグループポリシーでWindows Defenderを無効にする

ステップ1.Windowsマークを右クリックして「ファイル名を指定して実行」に「gpedit.msc」を入力します。

ステップ2.下の画像の指示のように操作してください。「Windows Defenderウィルス対策を無効にします」をダブルクリックします。

グループポリシーエディター

ステップ3.「有効」を選択して、「OK」をクリックします。

windows-defender無効化

以上の二つの方法でWindows Defenderを完全に無効することができます。Windows Defenderをアンインストールした後、定期的にウィルス対策ソフトでコンピューターを検出したほうがいいです。

 

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 0 / 5. 得票数: 0

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

関連記事

コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

シェア記事

Emop.jp

貓噗知惠袋

貓噗知惠袋 Windows、macOS、デスクトップ、ラップトップ、Appleスマホなどの操作テクニックとトラブル解決策、Officeソフトのテクニック、実用的なソフトやツールなど、オフィスに関する知識を共有することに専念しています。

最新記事

人気記事