Windows10ノートパソコンのタッチパッドを無効にする方法

0
(0)

ノートパソコンを使う時、タッチパッドを使うのが嫌だという人は多いです。Windows 10搭載のノートパソコンで、キーボードを操作して文字入力をする際に、タッチパッドに当たってしまい、誤ってクリックしてしまうことがあります。そこで今回は、Windows 10搭載のノートパソコンでタッチパッドを無効化する方法について解説していきます。

方法1.Windowsの設定からタッチパッドを無効にする

ステップ1.スタートメニューに「設定」をクリックして「デバイス」をクリックします。

ステップ2.左側のメニューに「タッチパッド」をクリックします。「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」のチェックを外します。

タッチパッド設定

方法2.デバイスマネージャーからタッチパッドを無効にする

ステップ1.タスクバーの検索ボックスに「デバイスマネージャー」と入力します。

ステップ2.「マウスとそのほかのポインティングデバイス」をダブルクリックします。

ステップ3.「HID準拠マウス」を右クリックして、「デバイスを無効にする」を選択します。

タッチパッド設定2

多くの場合、第一の「HID準拠マウス」を無効にすれば、タッチパッドは使えなくなります。第一項目の「HID準拠マウス」を無効にしてもタッチパッドが動作する場合、他の「HID準拠マウス」を順番に無効にします。

方法3.レジストリエディターでタッチパッドを無効にする

ステップ1.「Windows+R」を押してダイアログボックスに「regedit」を入力します。

ステップ2.コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\PrecisionTouchPad\Statusの手順で項目を展開します。

ステップ3.右側のenabledをダブルクリックします。「値のデータ」に0を入力します。

タッチパッドを無効にする3

ステップ4.パソコンを再起動して、タッチパッドを無効にしたかどうかを確認します。

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 0 / 5. 得票数: 0

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

関連記事

コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

シェア記事

Emop.jp

貓噗知惠袋

貓噗知惠袋 Windows、macOS、デスクトップ、ラップトップ、Appleスマホなどの操作テクニックとトラブル解決策、Officeソフトのテクニック、実用的なソフトやツールなど、オフィスに関する知識を共有することに専念しています。

最新記事

人気記事