破損したExcelファイルを修復する方法とツール

0
(0)

毎日Excel(エクセル)を使って仕事をしている人には、必ずいろいろなトラブルに遭ったことがあります。例えば、Excelファイルが破損して開けなくなります。本記事では、破損したExcelファイルを修復する方法と修復ツールを紹介します。

Excelファイルが破損した原因

  1. システムが突然シャットダウンしました。突然シャットダウンしてしまうと、開いていたExcelファイルが壊れてしまうかもしれません。
  2. ウィルス感染。ウィルスに感染してファイルが壊れることがあります。
  3. ハードディスクに不良セクタがあります。不良セクタに保存されたExcelファイルが破損し、正常に開けなくなることがあります。
  4. Excelファイルの転送やダウンロードが中断されました。ネットワークのトラブルでダウンロードが中断され、不完全または破損したExcelファイルが受信されます。USBなどのデバイスを使用してパソコンにエクセルファイルを転送する際に突然中断すると、Excelファイルが破損したり、不完全になったりすることもあります。

破損したExcelファイルを修復する方法

方法1.Excelのファイル修復機能を使う

操作手順:Excelに「ファイル」>「開く」>「このPC」の手順で目的のファイルを選択して、「開く」項目を展開し、「開いて修復する」を選択します。

Excel開けない1

修復したExcelファイルに名前を付けて保存します。

修復できない場合は、ファイルを選択した上で「データの抽出」をクリックしてください。Excelの値と数式を抽出できます。

方法2.「以前のバージョン」から復元する

「以前のバージョン」からExcelファイルを復元できますが、更新されたデータも消えてしまう可能性があります。

操作手順:Excelファイルを右クリックして「以前のバージョンの復元」を選択します。「以前のバージョン」タグをクリックして最近のバージョンを選択して復元します。

以前のバージョン復元

方法3.ExcelファイルをXMLファイル種類として保存する

操作手順:破損したExcelファイルを開>ファイル>名前を付けて保存>XMLファイル種類を選択する

保存した後またファイルを開いて、「ファイル」をクリックして「新規ファイルとして保存」をします。名前が変更した後、また元のファイル種類で保存します。

方法4.Excelファイル修復ソフトを使う

以上の方法を使っても破損したExcelファイルを修復できない場合は、専門的にファイル修復ソフトで破損したExcelファイルを修復するのがお勧めです。ここでは、Bitwarというファイル修復ソフトを紹介します。

Bitwarソフトは無料で多機能なドキュメントを修復するソフトウェアです。文字化けだけではなく、誤削除、ウィルスと突然の電源切れによる破壊したファイルの修復もできます。ファイル内のテキスト、画像、フォント、リンク、エクセル、ヘッダー、フッターなどを検索することができます。BitwarはPPT、EXCEL、PDF、WORD、Windowsシステムファイルなど、多種類のファイルの修復に対応しています。

Bitwarで破損したファイルを修復する操作手順をご参考してください。

ステップ1:BitwarsoftからBitwarドキュメント修復ソフトをダウンロードし、インストールします。

破損ファイル修復ソフト

ステップ2.修復したいファイルを選択し、[修復]をクリックします。

破損ファイルを修復するソフト

ステップ3.修復時間はファイルのサイズによって異なります。通常は修復は速いです。修復が終了後、サブファイルが表示されます。

破損したファイルを修復するソフト

ステップ4.サブファイルをプレビューしてファイルが修復できたかどうかを確認します。確認した後、[セーブ]をクリックしてファイルを保存します。

破損したファイルを修復するソフト

まとめ

本記事は破損したExcelファイルを修復する四つの方法を説明しました。前3の方法はシステムが提供する修復方法です。Excelファイル修復ソフトを使うのは一番簡単な方法です。Bitwarファイル修復ソフトを使ってみましょう。

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 0 / 5. 得票数: 0

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください