「Windows10」PowerPointファイルを開けない時の対処法

0
(0)

プレゼンテーションファイルをダブルクリックして開こうとすると、PowerPointでファイルを開けないことがあります。このような状況で、このPowerPointファイルは既に破損している可能性があります。この文章では、開けなくなったまたは破損したパワーポイントファイルを修復する方法を紹介します。

パワーポイントファイルが開けない原因

  • PowerPointの使用中にシステムが突然シャットダウンしてファイルを破損しました。
  • マルウェアやウィルス感染によるPowerPointファイルの破損。
  • プラグインやアドオンの問題によるPowerPointファイルの破損。
  • アプリケーションが破しているため、PowerPointファイルが開けなくなりました。

以上の原因でPowerPointファイルが破損した可能性があります。他の原因もありますが、どんな原因であれ、下記の方法で修復可能です。

破損したPowerPointファイル修復する方法

方法1.自動回復機能で開けないパワーポイントファイルを修復する

マイクロソフト オフィスには自動回復機能があります。事前に自動回復機能を設定しておかないと利用できません。

自動回復機能の設定方法

ステップ1.「ファイル」タブをクリックして、「オプション」をクリックします。

ステップ2.「保存」をクリックします。「次の間隔で自動回復用データを保存する」と「保存しないで終了する場合、最後に自動回復されたバージョンを残す」のチェックを入れます。

自動回復用ファイルの場所にパスをコピーして、エクスプローラを開き、パスを貼り付けて、PowerPointの一時ファイルから開けないPowerPointファイルを復元します。

方法2.パワーポイントファイルを強制修復する

ステップ1.PowerPointを起動して、「ファイル」タブをクリックして左メニューに「開く」を選択します。

ステップ2.「参照」をクリックしてファイルを選択します。

ステップ3.「開く」にメニューを展開し、「開いて修復する」を選択します。修復後、パワーポイントファイルが開かれます。

ファイル開けない修復

方法3.パワーポイントファイルを他の場所に移動する

ステップ1.他のストレージ媒体にフォルダーを新規作成します。

ステップ2.開けないPowerPointファイルを新規フォルダーにコピペします。

ステップ3.新しいフォルダーにこのPowerPointファイルを開いて内容を確認します。PowerPointファイルを開けるなら、元の保存場所が壊れていることを意味します。

方法4.ドキュメント修復ソフトを利用する

簡単に開けなくなったプレゼンテーションファイルを修復するなら、Bitwarドキュメント修復ソフトを利用して破損したPDFファイルを修復するのがお勧めです。

Bitwarドキュメント修復ソフトはPowerPointファイルだけではなく、Excel、Word、PDFファイルなども修復できます。安全かつ操作簡単です。

まず、Bitwarドキュメント修復ソフトをインストールしてください。ダウンロードリンク:Bitwarドキュメント修復

ステップ1.Bitwarドキュメント修復ソフトを起動して、ファイルを追加します。破損ファイル修復ソフト1

ステップ2.「修復」をクリックします。(ドキュメントの一括修復もできます)

破損ファイルを修復するソフト2

ステップ3.修復の結果をプレビューして、ファイルが修復できたかどうかを確認してから「セーブ」をクリックしてファイルを保存します。

破損したファイルを修復するソフト5

まとめ

PowerPointファイルを開くことできない主な原因はファイルが破損しているためです。破損したPowerPointファイルを修復する方法はいくつありますが、専門ファイル修復ツールを利用するのは一番簡単な方法です。安全で操作簡単です。

 

 

 

 

 

 

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 0 / 5. 得票数: 0

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください