iPhoneとウェブでApple IDを作成する方法

0
(0)

iPhone、iPad、Mac、iPodなど、AppleIDはすべてのAppleサービスに必要です。AppleIDはIDとパスワードで構成され、Appleサービスを使う時の身分証のようなものです。この記事では、AppleIDを作成する方法について詳しく紹介します。

デバイスの App Store を使って Apple ID を作成する

1.PCでApp Store を開いて、サインインボタン をタップします。

2.「Apple ID を新規作成」をタップします。このオプションが表示されない場合は、iCloud からサインアウトしているか確認してください。

3.画面の案内に従って、メールアドレスを指定し、強力なパスワードを作成して、デバイスの地域を設定します。ここで指定したメールアドレスが新しい Apple ID になります*。

appleID appstore 作成2

4.クレジットカードと請求先の情報を入力して、「次へ」をタップします。「なし」を選択することもできます。実際に購入しない限り、課金されることはありません。

appleID appstore 作成1

5.電話番号を確認します。本人確認時に役立つほか、必要時にアカウントの復旧にも使えます。「次へ」をタップします。

6.Apple から確認メールが届いていないか調べて、メールアドレスの確認作業を済ませます。

メールアドレスの確認が済んだら、Apple ID を使って iTunes Store や App Store、iCloud などのその他の Apple サービスにサインインできるようになります。

デバイスの設定時に Apple ID を作成する

1.「設定」アプリを開き、「iPhoneにサインイン」をタップして「 Apple ID をお持ちでないか忘れた場合」をタップします。

apple-id-iphone設定から作るapple-id-iphone設定から作る4.

2.「無料の Apple ID を作成」をタップします。

3.生年月日を選択し、名前を入力します。「次へ」をタップします。

4.「現在のメールアドレスを使用」または「無料 iCloud メールアドレスを入手」をタップします。

apple-id-iphone設定から作る

5.画面の案内に従って、メールアドレスの確認作業を行い、強力なパスワードとデバイスの地域を設定し、2 ファクタ認証を設定します。この手順を飛ばす選択肢を選んだ場合は、後で「設定」で行うように案内されます。

Apple公式サイトでApple IDを作成する

Apple公式サイトでApple IDを作成することもできます。以下はApple公式サイトでApple IDを作成する時必要な情報です。

  • 姓名
  • 生年月日
  • メールアドレス・パスワード
  • 秘密の質問 ※パスワードを忘れた際に使います
  • 画面に表示される文字列の入力

1.ブラウザで、次のApple公式サイトを開きます。

apple id ウェブで作成

2.必要な情報を入力します。

3.Appleから確認コードの書かれたメールが届きます。

4.コードを入力します。

apple id ウェブで作成2

5.「あなたのApple IDは〇〇です」と表示されて完了です。

まとめ

Apple IDが使えるようになると、App Store、Apple Music、iCloudといったサービスが使えるようになり、非常に便利です。Apple IDを持っていない人は、ぜひこの記事を参考にして作成してみてください。

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 0 / 5. 得票数: 0

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

関連記事

コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

シェア記事

Emop.jp

貓噗知惠袋

貓噗知惠袋 Windows、macOS、デスクトップ、ラップトップ、Appleスマホなどの操作テクニックとトラブル解決策、Officeソフトのテクニック、実用的なソフトやツールなど、オフィスに関する知識を共有することに専念しています。

最新記事

人気記事