USBメモリにファイルをコピーできない時の原因と対処法

0
(0)

「パソコンに保存されている資料ファイルをUSBメモリにバックアップしようとした時、USBメモリにファイルをコピーできませんでした。」このような状況で、どうすれば良いでしょうか。

この文章を参考にして、USBメモリにファイルをコピーできない時の原因と対処法を勉強しましょう。

原因1.読み取り専用になっている

USBメモリが読み取り専用(書き込み禁止)になっているなら、データのコピーや移動などはできなくなります。

読み取り専用を無効にする方法:

ステップ1.Windowsの検索ボックスに「CMD」と入力して、管理者としてコマンドプロンプトを実行します。

ステップ2.ダイアログボックス「DiskPart」を入力して、Enterキーを押します。

ステップ3.コマンドlist diskを入力して、Enterキーを押します。コピーできないUSBメモリを見つけます。例えば、Disk1。

ステップ4.「Disk1 が選択されました」と表示されたら、続いて「attributes disk clear readonly」と入力して「Enter」キーを押します。「ディスクの属性が正しく消去されました」と表示されたら、USBメモリの「読み取り専用」属性が削除され、書き込み禁止状態が解除されます。

原因2.USBメモリが容量不足になっている

このUSBメモリの空き領域にとって、このファイルのサイズが大きすぎます。この場合に、USBメモリ内の不要なファイルを削除して空き領域を増やしべきです。または別のUSBメモリに資料をバックアップします。容量があるのに、USBメモリにデータをコピーできない場合は、このUSBのファイルシステムを確認してください。

原因3.USBメモリのファイルシステムはFAT32である

USBメモリはFAT32形式になっていることが多いです。FAT32は1ファイルあたりの容量制限が4GBまでとなります。「NTFS」というファイルシステムにフォーマットすれば容量制限なしでコピーできます。まず、ご自分のUSBメモリのファイルシステムはFAT32であるかどうかを確認してください。

USBのファイルシステムをNTFSにフォーマットする方法:

ステップ1.USBメモリをパソコンに接続します。

ステップ2.エクスプローラを開き、「デバイスとドライブ」にUSBデバイスを右クリックして「フォーマット」をクリックします。

ステップ3.ファイルシステムに「NTFS」を選択します。

ステップ4.「フォーマットオプション」に「クイックフォーマット」にチェックを入れます。「開始」をクリックします。

USB NTFSフォーマット

ファイルは大きすぎてUSBメモリに移動できない時の解消法

MacとWindows両方でUSBを使えるようにする方法

この二つの記事はお役に立てるかもしれません。

原因4.ウィルス感染

USBメモリがウィルスに感染しているなら、USBメモリにたくさん不要なデータが作成されることもあります。この場合に、ウィルス対策ソフトなどを利用してウイルスを検出してからUSBメモリをフォーマットしてください。フォーマット後、USBメモリに保存されているデータはなくなります。ご注意ください。

まとめ

以上は、USBメモリにファイルをコピーできないという問題を解決する四つの方法です。USBのフォーマットまたは修復などの操作を実行している時、USBメモリ内のデータが破損してしまう可能性があります。データ破損が発生するなら、Bitwarデータ復旧ソフトを利用して破損したデータを修復できます。

この投稿がどれだけ役に立ったか?

星をクリックして評価してください

平均評価 0 / 5. 得票数: 0

今のところ投票はありません

この記事がお役に立てなかったのは残念です。

この記事を改善していきましょう

この記事の改善点を教えてください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください